×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

top枠左top枠左上1top枠左2 top枠左上2top枠左3top枠右上 top枠右

ウエスト・下腹を細く

運動とダイエット

top枠左下1top枠左下2top枠右下
joint

ダイエットの手段は、豊富にありますが、お手軽、簡単、すぐに始められる、費用がかからない、などいいことずくめな方法は、歩くことです。
子供のうちは無意識にも相当の距離を歩いていますが、大人になり特に仕事が座る環境である場合には、歩く機会は激減してしまいます。誰もが毎日行っている簡単なことですが、いつもの生活習慣で運動は足りていますか?

車やエレベータの利用を極力控える生活を始めてみましょう。
肥満は口に入れた食事よりも生活の運動エネルギーが少ないことを意味しています。スポーツの時間を取るのも大切ですが、持続させる意味でも 毎日の生活の運動時間を増やしていくことでダイエットの意識を高めましょう。

joint
h2枠左 h2枠上h2枠右

体重計は毎日乗るようにしましょう。

h2枠下

自分の今の体重を常に知っておくことによって、「昨日の夕食のカロリーがオーバーしていた」、 「今日の運動は、あまり効果がなかった」などダイエットの意識が高くなり、仮に1キロ増えてしまっていたときには、「明日のウォーキ ングを30分多くしよう」などすぐに手を打つことが出来ます。
これが知らずに3キロも増えてしまった後では、気合い半減で、増えてし まった3キロを落とすまでに数週間のダイエットを覚悟しなければならず、最も大切なダイエットのモチベーションが大きくダウンしてし まいます。


同じく鏡も毎日じっくり見ること。そして、現実を受け入れること。目標に向かって気合いを充電する意味でも今の太った体をじっくり観 察してこれからの行動を決めていきましょう。怖がっていてはダイエットはスタートしません。


h2枠左 h2枠上h2枠右

ダイエット日記を付ける

h2枠下

毎日の体重を記録した後は、グラフにしてみましょう。一週間後や3ヶ月後の予測ができます。実際には停滞期に悩まされたりと 予定していたダイエットプランよりも問題だらけで苦労することでしょう。

過去に苦労した経験を日記に綴り、グラフで見てみると 努力した事を思い出すことが出来るので、「ここでやめたら今までの苦労が...」と、目標に向けてのモチベーションをキープできます。


h2枠左 h2枠上h2枠右

簡単ダイエット

h2枠下

ダイエットの経験者、またはこれからダイエットに挑戦する方は「簡単ダイエット」という言葉をよく見ると思います。


・○○を食べるとやせる

いつもの食事500キロカロリーをダイエットクッキーやダイエット雑炊90キロカロリーに代えるとやせる。というダイエットで、ほとんど苦労もなく痩せていくと思います。 一日の総摂取カロリーがダウンすれば体重は減っていきます。同様にこんにゃく入りご飯やパスタ、おなかで膨れる海草類の摂取を増やすことで体重を減らしていく事ができるでしょう。


順調にいきそうなダイエットですが、めでたく目標達成しダイエット終了後、通常の食事に切り替えるとどうでしょうか。


joint

h2枠左 h2枠上h2枠右

基礎代謝を知っていますか

h2枠下
何も特別なトレーニングをしなくても生活していくうえで消費する最低限の消費カロリーのことです。
この基礎代謝量は人によって違います。同じ量の食事を摂取しても基礎代謝が少ないので太る人と、太らない人がいるということです。 今までより多く食べても太りにくく、同じ量なら減っていきます。これはとても便利で体が勝手にカロリーを消費しダイエットします。


この基礎代謝量の違いは体についた筋肉の量で決まります。筋肉は代謝が多く、脂肪の多い方よりも多くカロリーを消費します。 先に説明したローカロリーの食事に切り替えることで体重は減っていきますが、これは脂肪と筋肉を同時に落としていくことになります。 これでは基礎代謝量も落ちることとなります。


食事に気をつけて摂取カロリーを落としつつ、適度に運動を取り入れて筋肉量をキープしましょう。そして順調に体重が減っていくと 少なめの脂肪と十分な筋肉が残り、目標体重で食べても太りにくい体の完成です。

 

joint
h2枠左 h2枠上h2枠右

断食ダイエットでやせる?

h2枠下

食事を全くとらない断食ダイエットをすると、基礎代謝(生きていく上で最低限の運動に必要なカロリーを燃焼する)が落ちていき、カロリーを消費しにくい体質となります。
結果として少ない食事でも体重が減らず(筋肉量が少ないとカロリー消費が少ない)、摂取カロリーオーバーとなってしまう「太りやすい体」となります。


水を飲みすぎると太る?
水はカロリーがありません0(ゼロ)カロリーです。ですので水を飲み過ぎて太る(脂肪が増える)ことはありません。
水太りといわれる状態は、代謝が悪くなった状態(むくみ)を指すことが多いようです。


同様に大量の汗をかいた後に「痩せた」と考えるのも間違いです。体を正常に保つために水は必要なので適度な量を補給しましょう。




ぽっこりの原因これが基本自分の性格をよく考えて自分のBMI値を知る脂肪の特徴を知ろう脂肪とカロリーの関係有酸素運動について食事の前に食べる痩せる呼吸をしよう筋肉を鍛えるウエストに効く道具を使って水の飲み方を考える




ダイエットで下腹・ウエストを痩せる | | | |
Copyright(c) 2011 ダイエットで下腹・ウエストを痩せる All Rights Reserved.